安倍首相後任の総裁選、二階幹事長。麻生氏 立候補せず

Pocket

自民党の二階幹事長は、記者団に対し、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙について、「極めて明朗に、全党員の理解が得られるような形で結果を出したい。時間の問題もあるので、時間に十分ゆとりがあれば、当然、党員投票は考えるべきだと思うが、そこに至るかどうか、これから皆さんの意見を聞いて判断したい」と述べた。

スポンサードリンク

自民党麻生派は28日夜、幹部が集まって緊急の会合を開き、麻生副総理兼財務大臣をはじめ、鈴木総務会長や甘利税制調査会長らが出席した。

会合のあと松本国会対策委員長代理は記者団に対し「麻生氏からは『私自身が総裁を目指すことはなく、今後、名乗り出る人の中から、政策を実行できる候補者を一致結束して推したい』という話があった。派の役員全員が全会一致で受け止めた」と述べた。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA