日本共産党の綱領を短くまとめてみた(前半)

Pocket

日本共産党の綱領を読んでみよう。

日本の政治を知る上で、各政党の政策や綱領を読んで理解しておくことは大事です。右派右翼ネトウヨ保守の間では「日本共産党の51年綱領」「共産党の暴力革命」が噂されています。日本共産党の綱領ってどんなものなんだろう?読んでみよう!と思っても、政党の綱領って、長くて難しい言葉も多いですよね…

そこで筆者が、わかりやすく、出来るだけ短くまとめてみることにしました。 元が長いので、今回は前半、後半に分けてご紹介します(^^)/

関連記事
日本共産党の綱領をわかりやすくしてみた(後半)
日本共産党の紹介

1 日本共産党は戦時中に設立。党の方針は「民主主義、反戦、平和」
( 一、 戦前の日本社会と日本共産党 )

日本共産党は、1922年7月15日、日本の伝統を受けつぎながら、科学的社会主義を目指す政党として創立された。

当時の日本は、全権限を天皇が握る政治体制で、国民には権利も自由もなく、労働者には過酷な搾取をし、帝国主義国として侵略戦争をした。日本共産党はこれに反対し、日本が平和で民主的な国になるよう活動した。

農民への土地の解放、全ての労働者や国民の生活の向上、日本の文化の創造と普及、
ロシアと中国への干渉・侵略戦争に反対、植民地の独立を支持し、平和を訴えた。

帝国主義・天皇制権力により、国民は苦難を強いられ、他の全ての政党が戦争に合意する中、日本共産党員は、迫害や裏切りに屈せず活動し、党員が弾圧で命を奪われながらも、平和と民主主義を訴え続けた。

戦争は多くの人々の生命を奪い、沖縄は戦場に、本土も空襲で多くが焦土となり、広島、長崎に原爆が投下された。

三国同盟と日本帝国主義はこの戦争に敗北し、日本政府はポツダム宣言を受諾。これは軍国主義の除去、平和で民主的な日本を実現する内容で、党が掲げてきた方針が正しかったことが証明された。

2 戦後のアメリカと日本の関係は「軍事面、経済面で、植民地的な従属国」
( 二、 現在の日本社会の特質 )

戦後、日本はアメリカの事実上の従属国になった。 沖縄、本土で各地に米軍基地が作られ、サンフランシスコ平和条約で、前線基地の役割となった。日米安保条約は軍事協力、日米経済協力と、より従属的に強化された。

日本国憲法で、天皇専制政治から民主政治になった。国民主権、戦争の放棄、基本的人権、国会、民主的平和的で、天皇は政治に関与しないとした。

この変化で日本は経済的発展をとげたが、発達した先進国となっても、アメリカへの従属的な対米関係は変わらなかった。 国土や軍事の重要な部分はアメリカが握り、アメリカ軍が領空、領海に入り込み、日本国民に隠して核密約もしている。沖縄にはアジア最大の軍事基地があり、自衛隊は事実上、アメリカ軍の指揮下で世界戦略に利用されている。外交、経済面でもアメリカに発言権があり、日本とアメリカは対等・平等の同盟関係ではない。植民地支配は過去の時代の考えだが、アメリカの世界戦略、利益のために、日本は異常な対米従属にある。

経済発展したが、 日本国内の経済は大企業・財界が日本と国民を支配する地位にいる。このため、ヨーロッパなどでは常識のルールが、日本では確立しておらず、労働者は過労死にも繋がる長時間過密労働で、非正規の不安定雇用が多く、解雇規制もない。中小企業は、大企業と比べて不公正な条件で、経営悪化に苦しむ。農業は貿易自由化で、食料自給率が先進国最低。大企業の利益優先政策は、自然や生活環境を破壊する環境問題になり、性差別問題のおくれも、国際的に批判を受けている。

日本政府は、財政支出の多くを大企業と軍事費に使い、一方で社会保障への公的支出が少ない逆転財政を行っている。政治家や特権官僚と一部大企業との癒着で、絶えず汚職・買収が行われ、「グローバル化(地球規模化)」でアメリカ式の経営・経済モデルを強引に持ち込んでいる。これは日本経済にとって有害で危険なことだ。

また軍事、外交、経済面でアメリカの世界戦略に貢献し、自衛隊の海外での活動を拡大させている。 集団的自衛権行使、憲法改悪で、アメリカの先制攻撃戦略と共に軍国主義復活の動きをしており、アジアとの対立、前線基地という危険な震源地にされ、国民の利益を蔑ろにし、国の安全を脅かしている。

3 戦後の日本と国際社会「国民主権、ソ連崩壊、核兵器廃絶。差別をなくし、帝国・覇権主義から世界平和へ」
( 三、 二一世紀の世界 )

民主主義が世界で主流になり、国際的に人権が保障されるようになった。国際連合で戦争が違法化・防止、植民地体制の崩壊で、人権を尊重し、民主主義で平和な国際社会になった。

ロシアで社会主義革命が起こり(ソ連)アジア、東ヨーロッパ、ラテンアメリカ等が、資本主義からの離脱へ動いた。ソ連はレーニンの指導で試行錯誤と努力をし、世界中の植民地体制へ影響した。しかしレーニン死後、スターリンらが社会主義を捨て覇権主義になり、社会主義の名目で行われたこの誤りが、世界の社会運動に否定的影響を与えた。日本共産党は、ソ連覇権主義の 日本への干渉、チェコスロバキアやアフガニスタンへの武力侵略に反対した。ソ連と東ヨーロッパの支配体制の崩壊は、社会主義を捨てた覇権主義の破産だった。革命段階では社会主義をめざすとしていたが、指導部が誤ったことをし、社会主義とは無縁な人間抑圧型の社会となり、解体され崩壊。これにより世界平和の流れができた。

スポンサードリンク

「ノーモア・ヒロシマ、ナガサキ(広島・長崎をくりかえすな)」 日本と世界各国で核兵器廃絶を求め、核兵器を違法化する核兵器禁止条約が成立した。核兵器固執勢力はいるが、核兵器のない世界への流れから孤立しつつある。東南アジアやラテンアメリカが、紛争の平和的解決、大国の支配に反対し、非核地帯条約で核兵器廃絶の世界的な流れに。東南アジア諸国連合(ASEAN)が、紛争の平和的解決、世界平和に貢献。

女性、子ども、障害者、少数者、移住労働者、先住民などへの差別をなくし、ジェンダー平等で経済的・社会的差別をなくし、女性への暴力撤廃が国際社会の課題に。

生産力を制御できない資本主義は、貧富の格差、不況、金融投機、地球的規模での環境破壊など、大きな問題が出る。格差の拡大、地球的規模での気候変動は、人類の未来に影響を与える。また軍事同盟体制、武力解決、テロの横行は、平和を脅かす要因となっている。特にアメリカは、国の利益を国際秩序の上に置き、国連無視、先制攻撃戦略、軍事的覇権主義、世界中の国へ介入・攻撃する、資本主義帝国主義的侵略性を持つ。それが世界平和と逆行し、大国との覇権争いで、他の独占資本主義諸国との間にも矛盾や対立を引き起こしている。また「グローバル化」を名目に世界各国をアメリカ中心経済に組み込もうとし、世界経済にも混乱を起こしている。 この情勢のなか、覇権主義に反対し、平和の国際秩序、核兵器の廃絶、軍事同盟に反対、自決権を尊重、侵害を許さない、民主主義と人権、各国の経済主権の尊重、民主的な国際経済と、地球環境を守ることが重要となる。

国連憲章の平和秩序か、独立と主権を侵害する覇権主義か。 日本共産党は、独立、平和、民主主義、社会と人類の進歩を推進する。戦争、抑圧、支配ではなく、核兵器、軍事同盟のない世界への連帯を広げ、帝国主義・資本主義を乗り越え、社会主義に前進することが、人類にとっての次の発展となる。

前半まとめ

以上、綱領の前半部分を短くまとめましたが、やっぱり長いですよね。時間がない人にもわかるように、箇条書きにして、もっとまとめます(^^)

一、戦前の日本社会と日本共産党
・1922年7月15日に設立したよ
・天皇が権力を握る搾取制度に反対したよ
・大日本帝国の戦争に反対したよ
・迫害や弾圧に負けずに活動したよ
・戦争で世界中の沢山の人が死んだよ
・戦場、 空襲、原爆で日本が沢山被害にあったよ
・終戦、日本共産党の主張は正しかったよ

 二、現在の日本社会の特質 
・日本国憲法になったよ
・天皇は政治関与しない国の象徴になったよ
・民主主義になったよ
・資本主義国として発展したよ
・でも戦後日本はアメリカの従属国として協力させられてるよ
・アメリカが日本の軍事・経済に干渉してるよ
・沖縄にはアジア最大、本土の各地にも米軍基地があるよ
・自衛隊は事実上アメリカ軍の指揮下だよ
・国内の経済は大企業・財閥が支配してるよ
・ヨーロッパでは当然のルールが日本にはないよ
・長時間過密労働で過労死もあるよ
・非正規雇用が増えて、解雇規制はないよ
・中小企業は大企業より不遇だよ
・農業は貿易自由化で復興できないよ
・大企業が利益優先で環境破壊してるよ
・性差別がまだ結構あって世界から批判されてるよ
・政府は大企業と軍事費に税金を沢山使ってるよ
・けど社会保障には全然税金使ってないよ
・政治家、官僚と一部の大企業に癒着があるよ
・グローバル化でアメリカ式にさせられてるよ
・アメリカ式は日本経済にとっては良くないよ

三、二一世紀の世界
・世界中が民主主義で人権を尊重するよ
・戦争が違法化したよ
・植民地体制はなくなったよ
・ロシア革命で一部の国々が、資本→社会主義になったよ
・ソ連のレーニンが頑張って、植民地体制が消えていったよ
・でもスターリン以降は社会主義じゃなく覇権主義だったよ
・社会主義と言って覇権主義にしたから世界に誤解されたよ
・日本共産党もソ連の干渉には反対したよ
・ソ連崩壊で、平和的で正しい社会主義を目指す流れができたよ
・日本と世界中からの声で核兵器を違法化する条約ができたよ
・核兵器に固執する国は徐々に孤立してるよ
・ 東南アジア諸国連合(ASEAN) や、世界各地の国が紛争の平和的解決、世界平和に貢献してるよ
・女性、障害者、移住労働者、先住民とかの差別をなくすよ
・女性への社会的差別と暴力をなくそうとしてるよ
・資本主義だと格差やら不況やら問題が起きるよ
・地球環境問題、気候変動は未来にも影響するよ
・軍事同盟、武力とテロの横行が、世界平和の邪魔をしてるよ
・アメリカは国際平和より国の利益を優先してるよ
・それが国の覇権争いや対立を引き起こしてるよ
・これは資本主義の性質で世界平和と逆行してるよ
・グローバル化で、世界中をアメリカ中心経済にしようとしてるよ
・平和か覇権か?
・日本共産党は平和で民主主義な社会と人類の進歩を推奨するよ
・戦争、抑圧、支配、核兵器、軍事同盟をなくすよ
・帝国資本主義から社会主義に前進することが人類の次の進歩だよ

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA