韓国はなぜ旭日旗に抗議するのか

Pocket

関連記事
オリンピックに旭日旗、どう思う?右翼、左翼にとっての国旗
旭日旗

旭日旗(きょくじつき)は、太陽および太陽光(旭光)を意匠化した旗。
光線(光条)が22.5度で開く16条のもの(十六条旭日旗)がよく知られている。
英語表記は「Rising Sun Flag」となっている。

江戸時代の1854年(安政元年)に日本船の船印として幕府に採用された「日章(日の丸)」の幟は、
1859年(安政6年)に「日章」の旗(「日章旗」)になり、また事実上の日本の国旗(御国総標)となった。

開国以降、この日章旗は維新政府のもと1870年2月27日(明治3年1月27日)の「明治3年太政官布告第57号」で
「御国旗(御國旗)」(=商船旗・軍艦旗)とされ、改めて日本の国旗として扱われるようになった。
もともと「白地に赤丸(日章)」の意匠は平安時代末期から使用され、
また縁起物として江戸時代当時には広く普及していたものであり、日章旗の意匠自体はこれに由来する。

第一次世界大戦時に編成された日本軍初の実戦航空部隊(飛行部隊)たる、
帝国陸軍の臨時航空隊飛行中隊の装備機(モーリス・ファルマン MF.7・ニューポール NG)の垂直尾翼には、
「日本の機体」という国籍を明示するための「国籍標識」相当として「16条の旭日」が描かれており、
これらは青島の戦いに投入されドイツ帝国陸海軍と交戦している。
後に日本軍航空部隊の国籍標識は「日章のラウンデル(日の丸)」となり、
自衛隊航空部隊にもこれは継承され主翼や機体側面に描かれているが、
最初期はこの様に「旭日」模様が用いられていた。

また旭日旗に似たような模様ではあるが、下半分がカットされているデザインのものが
戦時中のアメリカの爆撃機にペイントされていた。
これは落日旗というもので、戦時中のアメリカ機が日本の爆撃機を多数撃墜した機体のみに
認められた証だった。
落日、つまり、「日本が没落していく様」を表しているものであり、尾翼に日が沈むように描かれていた。

勝利の祈願の旗として、サッカー日本代表戦でサポーターが応援旗として振ることがある。
日本代表のサポーターの中には、赤色をチームカラーの青色に変更した旭日旗を応援旗にする者もいる。

しかし、2008年、在中国の日本大使館は、2008年北京オリンピックにおいて中国を訪れる日本人に対し、
「旭日旗を振るとトラブルを起こす可能性がある」「政治・民族・宗教的な旗の掲揚禁止」として、
旭日旗を掲げることを避けるように呼び掛け、公安からの指示として
「政治的に敏感な内容、ホームサポーター及び中国人を刺激すると判断される内容を記したものは禁止」
「旭日旗、日の丸も禁止」と明記している。

旭日旗を巡っては、特に中国や韓国からの抗議が強まっているように感じるが、
なぜそのようになったのだろうか。

上記の通り、旭日旗は第二次世界大戦当時の日本軍が使用していたこともあって、
日本からの侵略、統治を受けた国にとっては少なからず忌むべきシンボルとなっていたことは想像に難くない。
そういった経緯もあり、韓国は今でも旭日旗について抗議する姿勢を辞さない。

スポンサードリンク

右翼の中には日本は侵略したのではなく、むしろ教育やインフラ整備などを進めたから統治下にあった韓国は現在の発展があるのだから感謝すべきだと主張する者もいるが、 統治したことは事実であり、その国の主権を奪ったことは紛れもない史実である。
統治の内容がどうであったかによって、正当性があるかどうかという事ではない。

そもそも韓国という国の成り立ちがソ連とアメリカの代理戦争のために休戦後にアメリカの意向を受けて 生まれた国家であり、建国にあたりかつて日本統治下に行われて鎮圧されていた独立運動を掘り起し、「三・一独立運動」としてこれを行った正当な後継者としてアメリカの後押しを受け、臨時政府のトップとなった。
その後継者とは後の韓国初代大統領となる李承晩(イ・スンマン)であるが、先ほども述べたとおり日本の統治から独立を勝ち取ったというストーリーを基盤にしているために、国の成り立ちが反日であることは当然の成り行きである。

実際は日本統治下に独立は叶わなかったので、正確には独立したというよりも北朝鮮と南北に分裂したというのが正しい。
しかし、韓国国内では独立建国したという歴史になっているので、歴史教育もその通りになっている。
そのように教育を受けた韓国国民が反日感情を持つことは無理もないのだ。

それでも旭日旗に対する韓国の反応はまだ韓国国内で旭日旗の抗議をするに留まっていたように思う。
しかし様子が変わってきたのは、2011年1月25日、AFCアジアカップ2011準決勝「日本対韓国戦」において、 キ・ソンヨンというサッカー選手が前半にPKで得点した後、ゴールパフォーマンスで「猿」の物真似を行った。
「猿」は韓国人が日本人を侮辱するときに多用される表現であることから当時波紋を呼んだ。
この「猿マネパフォーマンス騒動」後は、韓国国内に限らず国際スポーツの応援で旭日旗はふさわしくないから掲げさせないという運動が起き始めた。

そして続く2012年に在米韓国人が「旭日旗廃止を訴える市民団体」を設立した辺りから、 世界から旭日旗をなくす、という目的が表に出てきた。
「旭日旗」や「旭日旗に似た放射状に広がる縞模様」の使用を見つけたら、
日韓と関係ない国や企業やセレブでも抗議をするというのが定番化していったのだ。

旭日旗はこのような経緯から反日感情を逆撫でするシンボルとなっており、批判は更にエスカレートしつつある。
日本国内では漁船の大漁旗などに使われるほど一般化したシンボルであったが、近年の国外からの批判によって 徐々に使用が避けられることも多くなってきたように思う。

外務省の立場としては旭日旗のデザインは,大漁旗や出産,節句の祝い旗,あるいは海上自衛隊の艦船の旗,日本国内で広く使用されており,これが政治的主張だとか軍国主義の象徴だという指摘は全く当たらないとしている。

もちろん先の大戦について我々は反省し、戦争は二度と起こしてはならないが、旭日旗についてそこまで 過敏に反応する必要があるのかについては侵略した国と侵略を受けた国それぞれの立場によって認識に大きく隔たりがある。
日本と韓国が民族の垣根を越えて分かり合える日が来るのか、お互いを正しく理解することは間違いなく必要だ。

スポンサードリンク

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA